大粒の雨……

f:id:hakusangogo:20180615050612j:plain

仲良しの友だちがいました。控えめで、でもしっかり思ったことは口にすることのできる、波長の合う、それこそお友だち。小さいころから仲良くしていた。

学校も同じだし、通学も同じ。お互いに助け合って、励まし合っていました。

ところが、高1の冬、その子は事故でなくなってしまった。

 

つい昨日、一緒におしゃべりして、一緒に帰ったところだったのに、突然いなくなってしまった。

 

もうそれは、どうしようもないことで、でも、ものすごく胸をしめつけられるできごとではありました。

 

大粒の雨が降るよ水の中 止むことのない私の涙

 

それからあとのことは、お葬式とか、家族の話とかあったけれど、その子はそこにいないので、淡々と過ぎていくだけでした。

今、何をしているのか、わからなくなって、「水の中」でボコボコという音だけが響いているような感じがしたのです。

 

それから、学校には行きました。でも、学校も水の中にあるようで、すべてが他人事のように過ぎていっているみたいでした。