hakusangogo

生徒の作品を掲載します! どうぞ、よろしく

礼儀・ゴミを拾う・挨拶

f:id:hakusangogo:20181211105133j:plain

 

★ キャプテン                                               二年男子


 私は今まで、自分なりに野球をがんばってきました。これからは大学に進学するつもりなので、大学に進学しても、自分の好きな野球を続けていくつもりです。

 

 そのためには、これからもっと上手になるために、たくさん練習してがんばりたいです。そして、今自分が好きな野球ができていること、まわりにいる人、特に親に感謝して、常にその気持ちを胸に留めて野球をしたいです。

 

 野球がしたくてもできない人が世の中にはたくさんいると思うので、感謝の気持ちを大切にしたいです。

 

 私は野球をする上で大事にしていることがあります。それは礼儀です。特に大事にしているのは、「挨拶」です。

 

 小学校の時に、挨拶ができていなくて、監督さんにとても怒られた憶えがあります。それからは挨拶が大事なんだと思い、今でもしっかり挨拶をするように心がけています。これは野球だけではなく、人生を生きていく上でとても大切なことだと思っています。

 

 大学に進学しても、挨拶が気持ちよくできるのは一つのスキルだと思います。
 私は、野球の神様が存在すると思うので、礼儀・ゴミを拾う・挨拶などは野球につながってくると思うので、とても大切にしています。

いろいろ知りたい

f:id:hakusangogo:20181111223740j:plain

 

★  いろいろ知りたい                                                     3年 男子

 

 今一番知りたくて学びたいことは、高校三年生なので、就職や進学の分野を知りたいです。自分のやりたいことが見つからないので探そうにも、どう探したらいいのかわかりません。今も困ったままです。ネットで検索してもあまり自分のやりたいことは見つからず、困っています。

 

 進学も分野別に分かれているので、とても困っています。就職先があっても自分の好きなことじゃなければ長く続かないし、すぐ辞めてしまうので、早く自分のやりたいことを見つけて就職できたらいいなと思っています。

 

 就職できたら、いろんな知識を学んで頑張りたいです。特に知りたいのは、楽しい仕事です。やっぱり楽しいと仕事もはかどるし、長く続くと思うので、早く見つけたいです。専門職につければいいなと思っているので、進学とかも、やりたいことを見つけて、専門職につけれるように分野のことをいろいろ知れるように頑張りたいです。

 

★ そう簡単には、楽しい仕事って見つからないでしょう。淡々とした日常の中に楽しさを見つけるということじゃないですか? 楽しい仕事なんてないと言ってもいいのかも知れない。

 

 楽しい仕事はない。自分でその日常の仕事の中に楽しさを見つけないと、楽しくないのです。せいぜいささやかな楽しみを日常からほじくり出さなくちゃ!

不登校からの脱出

f:id:hakusangogo:20181127205403j:plain

 

★  不登校からの脱出                              女子   2016


 私は、中学校一年生のときに、仲が良かった友だちとケンカをして、クラスにいたくないと思うようになって、それから学校に行かなくなりました。

 

 そのときに、担任の先生やお母さんに言われたことが、「今、学校に行っとかんと後悔するん自分やで。イヤでも学校行きな。」ということでしたが、全く無視して学校を休み続けました。そのまま二年生、三年生になって、三年生で新たな友だちと仲良くなって、三年生から今までサボってきた分を挽回しようと思ってがんばりました。友だちも勉強のわからないところとかを教えてくれました。

 

 受験シーズンになって、担任の先生に「キミは出席日数が足りへんので、志望校は正直言って無理やと思う。」と言われました。私は正直泣きそうになりました。そして、私は志望校を前期入試も後期入試も受けたけど、志望校には行けませんでした。志望校に落ちてから、中学生のとき、一年生からちゃんと学校に行っておけばよかったと思いました。

 

 でも、今は志望校ではない高校で、楽しく高校生活を送っていて、将来はちゃんとした職業につきたいと思っています。

 

★ 彼女は、今は三年生で、新しい未来に向かって日々取り組んでいます。どうして中学の時、友だちとの関係だけで、学校に行けなくなったのか……。

 

 理屈で攻めてもダメで、うまくいかなくなった関係は修復できなかった。それが彼女の人生を少しだけ狂わせてしまった。

 

 とはいうものの、何度でも修正可能なのが人生だし、きっと彼女はやるでしょう。握力もあるし、乗り切ってしまうと思われます。

野球も将来も

f:id:hakusangogo:20180724221710j:plain

 

★  野球も将来も
           
 僕は今まで、小学校の時からずっと野球を続けてきました。中学校のころまでは軟式で簡単だったけれど、高校になって初めて硬式野球に変わって、硬式はとても難しいと思ったし、頑張らないとだめなんだと思うようになりました。


 現在は試合に出たり、出なかったりしてとても悔しい思いを持っています。そして、この春から新しく一年生が入ってきました。チームの人数が増えたことで、野球部が強くなって、県大会にも出ることができました。それはとてもうれしいけれど、自分が全然試合に出られなくて、とても悔しいままです。これはなんとかしなくてはならないです。


 三年の夏までにベンチ入りをして、絶対に試合に出て活躍できるように頑張ります。そして、学校でも休むことのないようにして、授業では絶対に寝ないようにします。

 

 今までは全然真剣にやらないことの方が多かったし、これからもっと真面目に取り組んで、将来の就職のためにも頑張りたいと思います。

 

あこがれられる先輩へ

f:id:hakusangogo:20180708222940j:plain

 

      あこがれられる先輩へ 

 

 僕は高校に入って初めて、陸上というスポーツを始めました。僕は今まで本気で陸上競技をしたということがなく、いろんなスポーツでも楽しいということが感じられませんでした。


 けれど、陸上の仲間や先輩に、楽しさを教えられました。練習の中で辛いことでも、仲間となら乗りきることができ、それがずっと長く続いて欲しいと思うようになりました。まだ一年と少しの経験ですが、本当に仲間の大切さがよくわかった一年だったと思っています。

 

 今は二年生で、自分がクラブを引っ張っていく立場になりました。先輩たちのように、たくましく部員を引っ張っていく力を持った人間になりたいと思います。

 

 僕は今までわりと静かなタイプで、弱気な性格を変えたいと思っているので、日ごろから生活や勉強など頑張っていくつもりです。後輩からもあこがれられる先輩になり、大会で入賞していきたいです。そのためにきつい練習をやっていきます。

 

答えはまだない、でも今は?

f:id:hakusangogo:20181107233240j:plain

 

★ 答えはまだない
                        
 今までの自分を振り返ってみると、自分はまだ将来の目標というのを決めていない。
 理由はいくつかあるが、大きく分けると二つある。

 

 一つ目は、それほどなりたいものがないからである。僕には小さいときから、あこがれていたものや、なりたいと思ったもの(仕事?)はない。
 人は、子どもの頃からあこがれていたものになりたいと思うことは多いが、僕にはそれがないのである。

 

 二つ目は、答えを出すのを先延ばしにしてきたからである。自分の中では目標を決めようと思っているが、時間があるからと答えを出すのを先延ばしにしてきた。
 しかし、もう高校二年生であり、これからの自分についても考えていかなければならない時期なのである。

 

 でも、僕は答えが出なくても別にいいと思っている。人の人生は、いろいろあって必ずしも自分の目標どおりの道をたどるとは限らない。僕は、答えが出ないなら、答えが出ないままでいいし、答えが出たなら、その目標に沿ってこれからを楽しんでいけたらいいなと思っている。

 

f:id:hakusangogo:20181028222229j:plain

 

* これは2年生の初めの頃の文章です。今はもう3年生の終わりで、進路も決めてしまったし、彼は目標を決めたのだろうか。それがすべてなんだろうか。

 

 たぶん、すべてではないし、まだまだ試行錯誤は続くでしょう。目標がなかったら、なかなか人間は動けないのです。それで、あれこれと現実と関わりながら、今の目標を決めていきます。たぶん、彼もこれで人生が決まったとは思っていないでしょう。

 

 これから、長い長い、試行錯誤は続くのだから。

 とにかく、細切れに先の目標を決めるのは大事ですね。とりあえず、明日、何をするか? 一ヶ月後、何をしていたいか? 1年後、それからもっと先と、目標にも遠い近いがあると思います。

 

 そんなこと、彼も知ってて、とりあえず原稿用紙を埋めたんでしょうね。

重い空気、みんな眠いのだ!

f:id:hakusangogo:20181013071211j:plain

 

寒い中車校で待たされる重い空気              女子

 五七五になってないけど、どうして音数合わせてくれないんだろう。五九六になっています。

 

ストーブついて教室あたたかいが眠さ倍増          女子

 彼女だってそうです。七十七です。これは短歌? たぶん、違うと思う。

 

好きな人スマブラ強すぎ結婚してくれ            女子

 スマブラって何ですか? ああ、分からないなあ。好きな人って、現実の人なんだろうか。それさえわかりません。まあ、私なんかに分からないように書いてあるんだろうな。


ひしひしと感じるようになってきた残りわずかな学生生活    女子

 これはわりと素直な三年生の短歌です。やはり、彼女の言葉は私にも伝わります。有り難い。こういう人がいないと、年寄りはしんどくてしかたがないのです。

 

いつもよりテスト期間はねむたいな夜遅くまで勉強するよ     女子

 たぶん彼女は勉強しないんでしょう。するのかな。どうしたらこの子たちが勉強したいと思うんだろう。目的が必要です。

 

帰りたい好きなことして遊びたい                男子
疲れたわ頭も痛い助けてよ
しんどいな鼻水垂れて腹が立つ
お金くれ毎日遊んで金がない

 遊んで、お金を使って、風邪ひいて、体調がよくないなんて、ねえ、キミ、遊びすぎてない? そもそも遊びって、何をするの? どこかを走り回るの?

 

 何かいいこと見つけてくださいね。