hakusangogo! 甲子園に行きました!

f:id:hakusangogo:20180812125301j:plain

 

 長かった二週間、とうとう私たちは甲子園にたどり着きました。うれしいのか、疲れているのか、暑いのか……。とにかく駐車場からの20分くらいは長くて暑かった。なかなかたどりつけないし、日ざしはきついし……。

 

 私は忘れ物をとりにバスまで二往復したから、二倍の暑さでしたっけ。

 でも、二回目の道は、あちらこちらを見る余裕があって、それなりに楽しんで歩きました。やはり、暑くても、アドレナリンが出ていると歩けました。

 

 スタンドに入るまでにかなり待たされました。それから狭い通路を通ってやっとスタンドに出ました。私たちの前には同じ緑の報徳学園が競り勝っていた。やっとだだっ広い空間に放り出されてみたら、何だかポカンとしてしまいます。

 

 さあ、アルプススタンドはものすごい緑で、田舎町の素朴な集団がみんな「下克上」を背中にしょって集まりました。

 

 派手な演出も、チアリーダーも、いろんな曲を披露するブラスバンドもありません。でも、地元の人々・二つの中学校など、みんなが連合チームを作り、演奏しています。

 

 素朴にみんなで応援するだけです。とにかく、二週間待たされた後、私たちは甲子園のスタンドにいるのです。

 

 すごいじゃないですか。来ている生徒は二百あまり。あとはすべて応援しようと緑を着て集まったみなさんたちです。こんなにたくさんの方々に支えられているのです。

 そりゃ、普段はみなさんそれぞれ忙しいのだけれど、こういう時にはちゃんと集まってくださっている。

 

 わざわざ西宮の甲子園まで、いろんなところから駆けつけてくれた人々がみんなギッシリと座って応援してくれています。

 

f:id:hakusangogo:20180812125431j:plain

 

 あれ、普通は名前を呼ばなきゃいけないから、名前のボードがあるはずじゃないの?

 

 そうなんです。なんと学校の応援団は、この日バスに積まねばならない名前ボードを忘れたそうです。

 

 なんという不手際! でも、もうそんなの関係ない感じで、みんなが野球部と生徒の声に合わせてくれて、生徒も大人も渾然一体になっています。みんなが一緒に声を合わせられたら、スケールアップしたブラスバンドと一緒になってだんだん一つになっていきました。

 

 

f:id:hakusangogo:20180812083959j:plain

 

 二週間前の四日市から、西宮の甲子園の夕方の空まで、とうとう私たちはつながってきました。さあ、ぜひのびのびやってもらいたい!

 

 

f:id:hakusangogo:20180812125646j:plain

 

 試合は、初回に3失点して、それからしばらくは落ち着いて、ここでこちらが何点か返していくと、試合がもつれるはずでした。でも、相手に大量得点の機会を与えてしまい、0-8というスコアになりました。

 

 それでも、7回、8回と自分たちの応援の場面になると、大盛り上がりで応援しました。外野のお客さんも大差がついても誰も帰ろうとはしません。

 

 そして、試合は8回ウラに2失点して、0-10になりました。試合はそのままキャプテンが最後の打席で一塁にヘッドスライディングして終わってしまいました。

 

 一気に甲子園1勝までにはたどりつきませんでした。ザンネンでした。

 

 でも、お人好しというのか、だれかを讃えたい気分だったのか、みんなが相手校の校歌の時に手拍子して、「あれ、違うな」と思いつつも、何だかみんなが素朴な集団になっていると思って、これまたうれしい瞬間ではありました。

 

f:id:hakusangogo:20180812084049j:plain

 

 そして、私たちは深夜、やっと自分たちの家に帰ったのであります。

 

 

はっきり言ってくれた友だち

f:id:hakusangogo:20180721210623j:plain


         はっきり言ってくれた友だち
           
 私の「わたし遺産」は中学生の時にできた友達です。

 

 「その話って私にする必要ある?」とその子に言われました。当時、中学二年生でした。クラス替えをしたばかりで慣れない顔ぶれに緊張していたあの頃に、去年同じクラスだった女の子に言われたセリフです。

 

 恥ずかしいことに私は、その女の子に他の女子の悪口を言っていました。私は今まで、ここまではっきり言われたことがなかったので、とても衝撃でした。悪口が正しいとも、そんなことを考えたことがない私は、言っても仕方のないことだとこの時たぶん初めて思いました。

 

 それ以外の記憶は残っていないですが、この時に私は絶対にこの子と友達になりたいと思いました。今そんな話をその子に言うと、全く全然覚えていないと言うのです。けれども、その言葉のおかげで悪口を言うことがなくなりました。

 

 ちゃんと悪いところは悪いと言ってくれる友達が私の遺産になりました。

 

 

 

風を起こせ!

f:id:hakusangogo:20180724221857j:plain

 

 この夏、たくさんの話題を巻き起こしたチームの面々。

 よく言われているけど、彼らにも先輩がいました。ものすごくよく打つ、今のメンバーのお兄ちゃん、彼は地元の中学から迷わず進学して、一年から中心選手として活躍していた人でした。

 

 真面目過ぎるのか、世の中の裏が見えすぎるのか、そういうものと対立し、批判することもありましたっけ。

 

 残念ながら途中で辞めてしまいます。もう少しチームにとどまっていてくれたなら、どう変わっていたのかどうか……。

 

この夏は脱水症状なりかねない 死なないように頑張ろう

 

f:id:hakusangogo:20180717143100j:plain

 1年生の時、バリバリで活躍していた1学期末のテストでお兄ちゃんはこんな短歌を書いていました。

 

 野球部の夏を乗り越えられるのか、不安もあったんでしょうね。最後の「頑張ろう」にあと2文字足しても、何だか物足りなさはあります。

 

 でも、不安と希望とが入り混じっている作品なのかなと思います。

 

 弟さんは、甲子園の近くで、新しい朝を迎えているでしょう。朝の練習とか、合宿先でどんなふうにやるのか、慣れていると思うけど、せいぜい頑張ってもらいたいなあ。

 

甲子園へ 2018夏

f:id:hakusangogo:20180802111533j:plain

 

とうとう甲子園に選手たちは出発です。

 

町は大騒ぎ、ものすごく暑いのに、動員されたわけでもないのに、

たくさんの方々が集まっています。

 

 

f:id:hakusangogo:20180802111732j:plain

 

 選手たちは、午後からの抽選会に向かいました。さあ、どこと対戦するのか。試合はいつになるのか。私たちはいろいろとハラハラしています。

 

 とにかく、一週間くらいブランクがあるので、試合勘が鈍らないか、それが心配です。今までずっといい感じでやっていたのに、初戦は手探りにならないかな。

 

 今までみたいな試合をしてもらえると、お客さんにも喜んでもらえるし、みんなが納得できるんですけど、それを臨むのは何だか酷になってきました。

 

 さんざん今まで持ち上げておいて、負けたらポイですからね。

そういう世の中をびっくりさせること、できないかなぁ。

 

f:id:hakusangogo:20180802113157j:plain

 

たくさんある今年の折り鶴の中で、この「輝楽(きらく)」はおもしろいなあ。

 

 

まだまだ今年の暑さはつづく!

f:id:hakusangogo:20180726053431j:plain

 連日の球場です。まさかこんなに野球が続くなんて、てっきり8月からはインターハイモードに切り替えねばならないと思っていたのに……。

 

 とうとううちの学校は甲子園に行くことになりました。

 

 何度も経験している人もいるんだろうけど、関係者として何かしなくてはならないのは、初めてです。とにかく何かしなくてはならない。

 

 とりあえず、昨日の試合を振り返らねばなりません。

 

f:id:hakusangogo:20180726053528j:plain

 準決勝よりも、お客さんがたくさん入っています。

 

 打撃戦かと思われましたが、意外と投手戦になりました。相手は初回からヒットが出ています。こちらはヒットがなかなか出ません。何だかみんな気負いがある感じです。

 

 ところが相手のスキにつけこんで2点、その後、一気に攻めて6点とまさかの大量リードになりました。まさか、このまま勝ってしまうのか。まさかねえ。

 

f:id:hakusangogo:20180726053635j:plain

 

 そして、そのまま勝ち切ってしまった。彼らには長年積み上げてきた実績がありました。岡山遠征、兵庫遠征、京都遠征、愛知遠征など、どこも同じようにしていることなのだけれど、着実にこなし、監督は生徒たちにできることをさせて、できないことはさせなかった。

 

 だから、今回の優勝は、それを落ち着いて実践できた彼らの勝利ではありました。ミスもあるし、あれっと思うこともありました。でも、そんなことも乗り越えられる力を持っていた。

 

f:id:hakusangogo:20180726053735j:plain

 

 あとは、彼らに余計な心配はさせたくない気持ちです。思う存分その力を発揮してもらいたい。

 どこまで勝ち進むのか、コロリと負けるのか、それはわからないけれど、今までだってコロリと負けることは何度もあったみたいだから、それは運命ではあります。彼らが納得できたなら、私たち大人としては、それで満足ですけど……。

 

f:id:hakusangogo:20180726053829j:plain

 試合が終わって、表彰式では涼しい風も吹いていました。まわりのセミの鳴き声すら心地よく聞こえてきました。さっきまでは鳴いていなかったのでは……。

 

 この空は、とうとう甲子園まで続くことになりました。神戸・西宮の空を映せるチャンスがやってきました。そこまでいろいろ準備は必要みたいです。

 

 仕方がない。やっていくしかありません。

 

f:id:hakusangogo:20180726053921j:plain

 

 学校に戻ってみると、自由のトリが朝日新聞の旗に囲われていて、とうとう報道やマスコミ、世間に立ち向かって、私たち全体でやっていかなくてはならないのを覚悟させられました。

 

 こんな新聞の旗なんか、とっぱらって自由になれるくらい、存分にがんばってもらわなくては!

生徒たちの背中を追って

f:id:hakusangogo:20180724221453j:plain

 

 明日はいよいよ決勝戦です。もう三十くらいの折り鶴が集まったことでしょう。たくさんの思いを受け継ぎつつ、明日に向かっています。

 

f:id:hakusangogo:20180724221541j:plain

 今日も、混成チームで応援しました。明日も地元の中学生たちが来てくれるということです。彼ら・彼女らに向き合うと、もうそれだけで何も言えなくなります。

 

 どうしてわざわざ、自分のチームでもないところのために、暑い中、応援に参加してくれるんだろう。……私なんかは思ってしまいます。

 

 でも、わりとみんな元気に応援してくれていて、それが救いです。この子らのためにも、ぜひ明日はいい結果になって欲しいけれど、それはお互い様だし、もう祈るような気持ちで、明日を迎えることでしょう。

 

f:id:hakusangogo:20180724221710j:plain

 

 今日は、エースナンバーをつけた子が先発ではありませんでした。6回くらいからリリーフに出てくるんだろうと思っていましたが、とうとう9回裏のツーアウトまで先発した子が投げたので、今日の先発を決めた監督の采配の妙に感心です。

 もう少しで完投するところまでこぎつけたんですから、それはもうたいしたものでした。

 

f:id:hakusangogo:20180724221803j:plain

 試合は、こちらはずっとノーヒットだし、相手はそれなりに塁上をにぎわせているし、いつ得点されてもおかしくない展開でした。でも、先取点をやらず、ずっと耐え続けていた。

 

 中盤、初ヒットをきっかけにいつもの集中攻撃が生まれて、先に3点を取りました。ここから試合は動いて、相手も得点し、こちらも追加点で、お互いに点を取り合いました。ただ、こちらはずっと先手を取り続け、あいてに主導権を渡さなかった。

 9回裏、相手の猛追を受け、あと1点取られたら、同点・サヨナラというところまで追いつけられました。けれども、とうとう逃げ切った。そして、勝った。

 

 

f:id:hakusangogo:20180724221857j:plain

 

 私たちは、明日も彼らの後ろ姿を追いかけることでしょう。彼らがどこまでやれるのか、それはもうとことんやりきるまで頑張るでしょう。

 

 それを明日見させてもらおうと思います。ただ見守るだけです!

 

 

夏雲は見ていた!

f:id:hakusangogo:20180722200451j:plain

 今日も大変な一日でした。来月上旬までずっとこんな天気が続くそうです。私たちはこれからどんなふうにナツを過ごすのか、真剣に考えなくてはいけません。

 

 でも、夏の地方予選は続いています。こんな暑い日でも、着実に試合日程は進んでいくのです。かくして準々決勝。昨日の今日です。選手たちには疲れもあるでしょう。それでも、それを乗り越えなくてはならない。

 

 夏の大会は、国内の四千ほどのチームのうち、ただ1つの負けなかったチームを選ぶ大会です。だから、そのチーム以外は必ず負けることになります。

 

 敗北は終わりではなくて、また新たなスタートになりますし、引退する選手たちにとっても新たなスタートとなるはずです。

 

 観客の私たちはどうなるんでしょう。とりあえず応援するチームと運命共同体になって、チームがいつ負けるかもわからないけれど、とことん行くとこまで行く。

 

 でも、この暑さです。

f:id:hakusangogo:20180722200533j:plain

 とうとう球場に、学校単位でならテントの持ち込みも可能、ということになり、テント二つの下でブラスバンドが演奏しています。太陽も少しずつ西にずれていきますので、テントも少しずつ前に出したり、斜めにしたり、ささやかな工夫でしのいでいます。

 

 テントがあっても、暑いのは暑いし、ブラスバンドのみなさんはカラカラになってしまう、ということでした。それにみんなお昼ごはん抜きで演奏しています。まあ、お腹が少し空いたとしても、食べる気分にはなれなかったでしょう。

 

 とにかく、水分だけが生命線です。西日本の豪雨被害の現場の苦労がほんの少しわかるような、自分との戦いをみんなで励まし合ってしのいでいます。

 

f:id:hakusangogo:20180722200638j:plain

 

 野球部OBのみなさんは、汗はかいているものの、わりと元気で一番暑いコンクリートの最前列に陣取っています。ここからなら、声もかけられることでしょう。

 

f:id:hakusangogo:20180722200734j:plain

 試合は、二回にこちらがあれよあれよと四点を取りました。相手投手も、つい油断をしたというのか、死球とかないのに、いつの間にかこちらが得点していた。

 しかし、好事魔多しといいますが、幸先よく点が入った後、こちらには全くチャンスらしいチャンスがありません。攻撃も淡白で、みんな飛球か凡打ばかりです。

 

 相手にもそれほどチャンスはなかったと思われますが、少ないチャンスをものにして1点ずつ返していきます。

 

 8回終了時点で4-2のスコアです。意外とせった試合が行われている。9回表の攻撃も終わってしまった。さあ、あとは2点を守るだけです。

 相手チームにランナーが出て、次のバッターはレフトセンター間に飛球を飛ばしました。レフトが取ったと見えた打球は、センターとの交錯・衝突によりグラブから転がってしまいます。ランナーは二三塁で一打同点というところになりました。

 

 いや、その前に、センターが倒れています。起き上がれないようです。担架が持って来られてそのままベンチに下がってしまいます。どうしたんでしょう。ケガですか?

 

 しばらく中断され、みぞおちをレフトの選手のひざが痛打したというセンターの選手はふたたび守備位置に着き、1点は許してしまいますが、結局4-3で逃げ切ることができました。ああ、とうとうベスト4になってしまった。

 

f:id:hakusangogo:20180722200833j:plain

 

 ベンチ入りできなかった選手は肩を組んで校歌斉唱しています。左右に2列がずれながら動いているのが見事でした。統制が取れていた。

 

f:id:hakusangogo:20180722200923j:plain

 ホームベース付近に並んだ選手たちを見る私たちも、とうとうやった! という驚きと、まだまだ終わらない夏にもうしばらく浸っていられる不思議な充足感とでいっぱいでした。昨日のように泣き出す人はおらず、ここらで泣いてはいられない。前向いて次に進んでいかなくては! という気分に包まれていたようです。