hakusangogo

生徒の作品を掲載します! どうぞ、よろしく

青春

先輩たちの作品

文化祭に備えて、作品を準備しようと思いました。 でも、昨年の冬から今まで、部員さんは作品を残していないというのに気づきました。全然新作がないのです。 今から3ヶ月でどれだけの作品ができるのか、わかりませんけど、過去の先輩たちの作品に刺激を受…

いろんなコンテスト!

美術部のみなさん! この夏、いろんなコンテストに参加しますよ。たいてい締め切りは来月末です。それまでに作品を作らなくてはならないですよ。 今日までに参加したのは、 1 スマイル・マンガ・コンテスト(名古屋市) 提出した作品6つはすべて予選を通過…

二回戦で惜敗

おととしの秋の大会、たまたま見に行ってみますと、ああ、こりゃ、甲子園って、意外と近いところにあるのだな、と思ったものでした。それくらい、近さを感じました。 そして、昨年の夏、甲子園に行くことになりました。 今年のメンバーは、何かにつけて昨年…

チームは発展途上!

1年生が半分を占めるチームでした。それまでは、よその学校と連合チームを作って公式戦に参加していました。 他校とのつながりはできるものの、自分たちらしさというものが完全には出し切れなかった。それが、この2ヶ月ほど単独チームとして練習をし、試合…

おきなわのうた 海

沖縄の海はきれいで貝がらたくさん見つけたよ 男子 本当にしょっぱいのかと思うほどエメラルドグリーン沖縄の海 男子 バスの中みんなで歌ったゆいまーる楽しい時間はあっという間だ 男子 冬の海沖縄だけが夏の海 男子 ★ 2017年の2月、彼ら・彼女らはおきなわ…

第一回 河野裕子短歌賞 2012

2012年から始まった河野裕子短歌賞 その第1回、青春の歌で入選したのが次の作品です。胸が少し苦しくなりますよ。 ふるえてる君の右肩に手をおいた でもどうしたのとは聞けなかった 彼女が一年生の時に作った作品でした。それが二年生でどうにか入選しました…

1年生の短歌 初夏 その1

暑い夏みんなで海で泳ぐとね疲れた後においしいお肉 女子 少しリズムが気になるけど、海で泳いだら「肉食うぞ」というのはワイルドでおもしろいです。彼女のイメージからは想像できませんでした。 初夏が来たせみの鳴く声聞こえくる片手にスイカ片手にうちわ…

テスト3日目です!

つい2日前、こんなに元気に咲いていた夏みかんの花は、今朝のぞいてみたら、 全部落ちていて、あのなんとも言えないいい匂いもしなくなっていました。 そうか、この猛暑で花は散ったんですね。 来週の月曜、あと1日テストが残っています。何だかシャキッと…

連合チームは立ち向かった!

単独チームでは出られない学校が、何回か一緒に練習・試合を経験し、 それなりにみんなを知り会えて、お互いサッカーをするものとして意識できて、 その力を発揮する時が来ました。 相手は、それなりに強いチームでした。 いや、何よりも単独チームなのに、…

遠足は、エスパーニャ!

もうかなり昔のことですが、遠足に行きました。 お客さんが少ないというので自虐ネタにしているスペイン村でした。 お客さんは、確かに少なかったと思います。 もう少しお客さんがいてもよかった。 それで、いつも思うことなんだけど、 ムダなところがいっぱ…

伝説のRHくん登場!

美術部OBのRHくんが突然ガッコーへやってきました。 就職先が見つかったそうで、長らくそういうめざす方向を探っていて、とうとう見つけられたということでした。 そうして、彼は都会の生活に入っていくことになるそうです。 進路が決まったから、担任の…

制服のそでのほつれ

去年卒業した生徒が三年になりたてのころに作った作品です。 彼女は、丁寧で熱心に絵を描けるし、約束したことは無理してでもやり遂げる生徒でした。他人がしんどいと思うことも、わりと平気でスイスイやれていたようですが、そりゃ、面倒だと思うこともあっ…

あいさつから始める!

★ 人とのふれあいの大切さ SM 私は、人とのふれあいはとても大切だと思う。なぜなら、人とふれあうことで人間関係を築くことができ、コミュニケーションをとることでコミュニケーション能力を鍛えられるからだ。 特に、コミュニケーションは一番大切だと思っ…

卒業パーティーなんだそうです!

クラブのつながりでもなく、何となく気の合う仲間たちが、 みんなで卒業生をお祝いしてあげるそうです。 あまりに唐突なので、びっくりしたけれど、やりたければやってあげたらいいですね。いや、むしろこういうつながりが生まれたことをお祝いしてあげたい…

友だち、キラキラ

ほしいもの連理の枝と比翼の鳥そんな友人求め続ける 男子 比翼連理って、伴侶(はんりょ)のことを言うはずなんですが、そんなことはどうでもいい。とにかく、裏切らない、絶対に信頼できる友だちが欲しい、と彼は言います。ひよっとして高校三年間でそうい…

卒業生集補遺 その1

* 2016年5月 悩む日々ぬぐうことのできない不安痛くてもどうしてか離せない 男子 彼はモヤモヤすること、いろいろあったでしょうね。発散できたらなあ。 一吹きで倒れゆくのは木板の道ここまでけっこう頑張ったのに 男子 「木板の道」とは何だったのか? も…

お金持ちになりたい!

お金持ちになって、やりたいことは、大きな家に住みたいです。 その家には、プールがあったり、シアタールームがあったりして家の敷地がとても広くて、とても大きな家に住んでみたいです。 都会で暮らしてみたいです。 都会で暮らしたら、近くにいろんなもの…

どうしてナイフなんだろう?

文化祭の時、一点物のTシャツを作りました。 1つが五千円くらいだったかな。 お金は自腹で、アイデアとイラストで勝負しました。 ナイフといい、目玉といい、みんなふるってます。 何だか攻撃的なんです。 あまっちょろくない。 でも、それを見ている私たち…

新入部員の作品

2年生の新入部員が、今ごろ入ってきました! まあ、始めるのに遅い早いはないのだから、やりたいと思ったらすぐに始めればいいわけですね。 その子は、文化祭で、こういう大きな作品を1人で描いていました。 この力と才能を、ぜひこれからの活動で生かして…

家庭部のパイシュー

もう2月になって1週間ばかりたちました。1月も早かったけれど、2月もあっという間に過ぎていくでしょう。 それで、もうかなり昔になりますが、3年生たちがまだ学校にいる頃、最後の家庭部の活動というと、いつになるんだろう。20日ごろだったろうか、…

球児の五七五 バッテリー編

彼は二番手エースでした。よくぞ、うちの学校に来てくれましたね。運命の奇跡というべきなのかもしれない。 暑い日はひかげでアイス最高だ ……5月 夏休み野球終われば夏終わり ……7月 勉強をしないとむりだテストの日 ……10月 早起きで学校いくのめんどいな ……

球児の五七五 2018回顧版

打順ごとに見てもらいましょうか。あの夏、彼らはこんなふうに書いていました。 トップはショートの選手です。 夏の予選戦闘開始は二ヶ月後長く思うか短く思うか 5月 二週間あと二週間で一回戦五十五人で目指す甲子園 7月 甲子園思った通り夢の場所 10月 …

ワオーン叫ぶワンワンは

★ 3-3の出席番号前半の子らの作品です。いいのは載せないで、おもしろいのを載せてみました。 暑い夏太陽あると日焼けする 男子 おしゃれ男だから、日焼けするのは嫌いだったんでしょうね。みかん食べふと手を見たら黄色くて 女子 本当は「食い」と書いて…

積み上げてきた道 それは野球

今までの僕は、勉強は全然せずにソフトボールや野球ばかりしてきました。 小学校の時にやっていたソフトボールは四年間やりましたが、悔しいことをいっぱい味わいました。でも、そこで体験したことは今に役立っているので、良い経験をさせてもらったと思えま…

彼女はまだ十九……

彼女の作品は、もう三回も当ブログに登場しています。それくらい、短歌の達人だと私は思っていたんですけど、たまたま短歌のコンクール等では採用されないまま、彼女は卒業していきました。 まだ卒業して一年も経っていないから、成人式は来年になるんでしょ…

元巨人軍の鈴木選手をめざして

★ 理想の姿を求めて 自分は今までずっと野球をやっていて、小学1年から高2の今まで十年間ほどやってきている。始めたきっかけはわからない。小学校、中学校、高校と野球をやって、高校野球が一番楽しいと思う。 自分が一番影響を受けたのが、元巨人軍の鈴…

ベイスターズとマリコさま

冬休みなので、昔の卒業生の作品を取り上げてみます。 まずは、マリコさまです。たぶん、私は誰のことかわかりませんでした。ちゃんと認識できたのは、彼女が卒業するあたりだったでしょうか。今は何をしておられることか、私にはわかりません。 総選挙選挙…

光と影のクラスマッチ

12月半ば、学校によってはセンター試験に向けて最後の取り組みをしているところもあるかもしれない。 それは、生徒たちの希望によって変わってきます。うちの学校はセンター試験を受ける人が最近はいなくて、クラスマッチや大掃除、防災訓練、校内漢字検定な…

礼儀・ゴミを拾う・挨拶

★ キャプテン 二年男子 私は今まで、自分なりに野球をがんばってきました。これからは大学に進学するつもりなので、大学に進学しても、自分の好きな野球を続けていくつもりです。 そのためには、これからもっと上手になるために、たくさん練習してがんばりた…

不登校からの脱出

★ 不登校からの脱出 女子 2016 私は、中学校一年生のときに、仲が良かった友だちとケンカをして、クラスにいたくないと思うようになって、それから学校に行かなくなりました。 そのときに、担任の先生やお母さんに言われたことが、「今、学校に行っとかんと…