ヒマワリと友だち、季節は夏

f:id:hakusangogo:20180601053508j:plain

男子二人の夏の短歌を紹介します。二人とも元気で背の高い若者でした。

 

夏空に聞こえる僕らの笑い声それにつられて揺れるヒマワリ

  ……少しできすぎという感じがしないでもありません。

 

友人と一緒に笑って過ごす日々この時を永遠と思うよう

  ……彼はいろいろ分かっている感じなんだけど、下の句が整理されていない。            

    だから、スンナリと歌の世界に入っていけません。何だか惜しいです。

 

1人はバスケットで頑張り、もう1人は陸上で頑張り、高校生活に少しずつ慣れ親しんでいった頃の作品でした。

 

2人とも、クラブは事情があって辞めてしまい、何だかもったいないことになりました。でも、2人とも文化祭ではバンドを組んで活躍したり、生徒会活動やら、絵の才能を生かしたり、自分たちなりの高校生活を送れたことでしょう。

 

ついこの間のことなのに、何だか懐かしいような、遠い昔のことのような、そんな気持ちにさせてくれる作品です。

 

カッコイイ2人は今、どこで何をしているんでしょう。