生徒たちの背中を追って

f:id:hakusangogo:20180724221453j:plain

 

 明日はいよいよ決勝戦です。もう三十くらいの折り鶴が集まったことでしょう。たくさんの思いを受け継ぎつつ、明日に向かっています。

 

f:id:hakusangogo:20180724221541j:plain

 今日も、混成チームで応援しました。明日も地元の中学生たちが来てくれるということです。彼ら・彼女らに向き合うと、もうそれだけで何も言えなくなります。

 

 どうしてわざわざ、自分のチームでもないところのために、暑い中、応援に参加してくれるんだろう。……私なんかは思ってしまいます。

 

 でも、わりとみんな元気に応援してくれていて、それが救いです。この子らのためにも、ぜひ明日はいい結果になって欲しいけれど、それはお互い様だし、もう祈るような気持ちで、明日を迎えることでしょう。

 

f:id:hakusangogo:20180724221710j:plain

 

 今日は、エースナンバーをつけた子が先発ではありませんでした。6回くらいからリリーフに出てくるんだろうと思っていましたが、とうとう9回裏のツーアウトまで先発した子が投げたので、今日の先発を決めた監督の采配の妙に感心です。

 もう少しで完投するところまでこぎつけたんですから、それはもうたいしたものでした。

 

f:id:hakusangogo:20180724221803j:plain

 試合は、こちらはずっとノーヒットだし、相手はそれなりに塁上をにぎわせているし、いつ得点されてもおかしくない展開でした。でも、先取点をやらず、ずっと耐え続けていた。

 

 中盤、初ヒットをきっかけにいつもの集中攻撃が生まれて、先に3点を取りました。ここから試合は動いて、相手も得点し、こちらも追加点で、お互いに点を取り合いました。ただ、こちらはずっと先手を取り続け、あいてに主導権を渡さなかった。

 9回裏、相手の猛追を受け、あと1点取られたら、同点・サヨナラというところまで追いつけられました。けれども、とうとう逃げ切った。そして、勝った。

 

 

f:id:hakusangogo:20180724221857j:plain

 

 私たちは、明日も彼らの後ろ姿を追いかけることでしょう。彼らがどこまでやれるのか、それはもうとことんやりきるまで頑張るでしょう。

 

 それを明日見させてもらおうと思います。ただ見守るだけです!