秋の家城駅

f:id:hakusangogo:20181013071211j:plain

 

学校のケヤキ、いつものように丸坊主にさせられました。

 

もっとたくさん枝を伸ばしたいだろうに、何だかこの並木を見るたびに悲しくなります。

 

一番手前のケヤキは、記念碑の設置のために、切り倒されました。ものすごくいろんな匂いがしたということでしたが、ケヤキさんも、苦しかったんでしょうね。

 

f:id:hakusangogo:20181013071120j:plain

家城駅では、二時間に一回、上下線がすれ違います。

 

お帰り、オレも奥まで行ってくるよ。下り線の車両は言うでしょう。上り線は、ハイ、お疲れ様。お先にネ! みたいな感じかな。

 

f:id:hakusangogo:20181004122710j:plain

 

秋は進んでいます。すぐに冬になってしまうことでしょう。一年って、あっという間だ。

 

f:id:hakusangogo:20181014083354j:plain