名松線の一句 春

f:id:hakusangogo:20180617225600j:plain

 

 昨冬の「名松線の一句」募集に参加した作品です。

とりあえず春っぽいかなというのを取り上げました。

 

ドアを開け桜とともに乗車する               女子

 彼女はセンスのいい子です。クラブでも活躍しました。彼女ももう3年生。進路を決める夏になりました。来週からは履歴書書きと面接練習で忙しくなるでしょうね。

 

ゆったりと動く車両の憩いかな               女子

 一志駅から乗ってくる彼女。駅までは自転車こいでギコギコです。長い橋を渡って、駅までたどりつくのだろうけど、風に吹かれたり、雨に打たれたり、通学は大変だっただろうな。


名松線おもちゃみたいで面白い                                     女子

 彼女は近鉄で通ってたはずだから、乗ったことはあるんだろうか。何回かは乗ったり、車両を見たりしたんでしょう。まさにその通り。一両だけトコトコと、こんな風に走っているのかという感じです。季語を入れて欲しかったなあ。



眠たさも急に揺れたらなるなるな               女子

 「なるなるな」は書き間違えなんだろうか。もう少し意味のあるように書いてもらいたいんだけど、何となく雰囲気は伝わります。揺られたせいで目が覚めたということなんじゃないかな。

 

f:id:hakusangogo:20180401184736j:plain