犬と猫

f:id:hakusangogo:20180425234235j:plain

 

犬と猫
                 
 「わたし遺産」は家で飼っている犬と猫です。

 

 犬の名前は「たけ」です。たけは私が小さいころに保健所から引き取りました。たけはとても賢い犬で、私たち家族と初めて対面した時も吠えずに、私が「お座り」というと、すぐにお座りをして、私たちの方を見て動きませんでした。

 

 最初は頭をなでようとすると、嫌がって逃げてしまいました。でも今では家に帰ると、すぐにしがみついたり、とてもなついています。たけは老犬なので、最近は家の中に入れて家族みんなと一緒にごはんを食べています。

 

 猫は六匹います。六匹中四匹は生まれてからずっと一緒にいるので、人間が怖くないのか、知らない人が来てもずっと寝ています。他の二匹はどちらも捨て猫で、最初はあげたごはんさえも口にしませんでした。ですが今は、家が落ち着くのか、おなかを上に向けてぐっすり寝るなど、警戒心がない状態で過ごしています。

 

 犬と猫は、どんな時も近くにいてくれて、ずっと大事な家族の一員です。

 

f:id:hakusangogo:20180503062223j:plain

 

★ あの大柄な彼は、陸上の投擲の選手でした。円盤・砲丸など思いものを放り投げる怪力でした。

 

 彼の大らかさは、おうちでのたくさんの犬と猫たちのおかげだったんですね。もう少し犬と猫のお話を書いてもらうとありがたいのですけど……、あまり語らない子だったし、これが限界だったのかな。