かき氷と梅雨と

f:id:hakusangogo:20180630221843j:plain

 

物静かな彼は、短歌の中ではわりとはじけていましたよ。

 

あれ、こんな作品を書く人なんだと毎回楽しみにしていました。いろいろと工夫をして、折々の気になるものを作品にしています。

 

1年生のころは、ハッチャケています。本人そのものは至って地味で物静かなのに、ものすごいギャップがありました。

 

夏は海かき氷食べ泳ぐ快感 たまんないぞ夏の快感

 

繰り返しはわざとですね。おもしろいととるべきか、くどいと注意するべきか。

私はおもしろいかなと思ってましたが、コンクールなどでは相手にしてもらえませんでした。あまりにそのまんまで、しみじみ感がなかったのかな。

 

うんざりだ気分乗らない梅雨の時期やがて気分も空も晴れるか

 

こちらは2年生のころの作品です。ひたすらスカッと晴れた夏を待ち望んでいる感じです。

 

彼にはどんなナツがあったのか、全く聞かせてもらえなかったけれど、いろいろあったんでしょうね。まさかオタク系だから、閉じこもってゲームしてたとか、そういうことはなかったと思うんですけど……。