徹夜明けの朝

f:id:hakusangogo:20180621054009j:plain

 

おそらく、ちゃんと寝てないのだと思われます。

事故もなく静かにおしゃべりとかしている分には、それもありかと思いますが、大騒ぎされると、まわりに迷惑だし、寝たい子の邪魔になるから、節度を持って徹夜してほしい。

 

修学旅行とかの夜です。私も眠れなくて、トイレに起きたついでに、街が見える窓のところに行って、少しずつ明るくなる那覇の街を眺めた覚えがあります。

 

那覇の街は、眠れない私みたいな存在を知っているのか知らぬのか、「そんなの気にしないよ」みたいな感じで、静かにキラキラしていました。

 

どこの街も、同じように眠れない旅人を「何をしているの?」と心配してくれるような(こちらが甘えてしまうような)ところがありますが、特に那覇の街は、冬でも秋でもやさしい感じです。夏はどうなんだろう。知らんぷりなんだろうか。

 

おきなわの名のない山の夜景かな 街の街灯輝いていた     男子

 

那覇の街は、意外とボコボコしていました。糸満でも、名護でも、本部でも、地図では山がありそうには見えなかったのに、あちらこちらに坂があるようです。

 

知らない山がたくさんあって、知らない人々が今日も地道に朝を迎えようとしている。なのに、自分は夜更かししてとうとう朝まで起きていた(たまたま眠れなかった?)。

街のあかりをホテルの窓から眺めて、今日のためにもう少し寝るか、それともこのまま起きていようか、「寝なくても大丈夫」と強がるか、そんなこんなの夜明け前みたいな感じですか。後半にもう少し工夫があればよかったのかなぁ。

 

f:id:hakusangogo:20180621054054j:plain